診療内容

初めての方へ

当院はあらかじめご予約を頂いておりますが、急患などの場合はご予約が無くても診察させて頂きます。

その場合、待ち時間が長くなる可能性がございますので予めご了承ください。

ただし、痛みが非常に強い場合や外傷などの緊急性を要する場合は、出来る限り早急に対応いたします。

また、初診の場合や急な来院の際もお電話にてご連絡頂けますと、 比較的待ち時間の無いお時間をご案内出来ます。

 

治療を行ったり、治療終了後に健康維持のために通っていただいたりする 前提として、私たちは患者さんと「今の状況の共有」「向かっていく方向の共有」が一番必要と考えています。

私たちは患者さんの笑顔をお守りするのを使命としていますが、それには私たちが患者さんに寄り添い支えることが必要だと思うのです。

患者さんがよりよい健康的な生活を送るために。

笑顔で暮らせるように。

私たちは患者さんの情報をもとに常に考え、お話しし、実践しています。

 

・初診からの流れ
  1. カウンセリング
    お口の中の困りごと、ご要望のみならず、ご希望や理想とされるお口の健康感など、私たちと患者さんが同じ方向に向かっていけるようにお話を伺います。
  2. 口腔内診査
    歯の状態、場合によっては歯肉の状態、骨の状態を視診や触診、レントゲンを用いて確認口腔内写真用カメラで画像としても記録します。
  3. 応急処置
    緊急性を要する事案がある場合、応急処置をします。
  4. 治療計画立案
    カウンセリングや口腔内診査で確認をした「今お口の中で何が起こっていて何が原因なのか」をお話しし、患者さんと今の状態と問題点を共有します。
    お一人お一人の状況とニーズに合わせたプランニングをご相談いたします。
  5. 治療
    治療計画に基づき行います。
    なるべく短期間で少ない回数になるよう、ご相談しながら行います。
  6. 定期管理及び予防メンテナンス
    症状が落ち着いたところで、その状態を維持していくために定期管理に入ります。
    定期管理終了後、または定期管理することなく治療終了した場合、希望されれば予防メンテナンスを受けることができます。
    治癒した状態をいかに長く維持して、健康的な笑顔を守ることができるか、「マイハイジニスト」と呼ばれる患者さん一人一人につく担当歯科衛生士が、各種生化学検査や個人個人に合った薬剤や清掃用具の処方、お話、バイオフィルム除去、クリーニングを定期的に行っていきます(予防メンテナンスは自費診療です。後述の予防歯科の項目をご覧ください) 。

診療項目

一般歯科

成人における一般的な歯科診療です。

保険治療における歯科診療は、病気を治す治療と失った機能を回復する治療に分けられます。

病気の治療とは、虫歯治療、歯周病治療、抜歯などが挙げられ、機能回復する治療には詰め物、被せ物、入れ歯が挙げられます。

機能回復する治療には使用できる材料に制約があり、その制約の範囲で製作するものを保険治療、制約を超えてより体に優しく見た目も美しいものが保険外治療とよばれます(材料については審美歯科の項目をご覧ください)。

 

なお、医科で人間ドッグや血液検査などが保険外診療であることからもお分かりのように、予防に関すること、クリーニング、ホワイトニングなど美容目的のもの、矯正治療など病気の機能回復ではない治療は保険適応外となっております(矯正治療は一部先天性疾患に基づく機能回復を目的とした保険適応の矯正治療を当法人では行っています)。

 

近年、通産省からも、予防歯科的治療に対して拡大解釈的に保険診療を行うことは厳に慎むよう通達が出ているため、当院では保険診療はルールを準拠した形での診療を行っております。

また、当院では以前より歯周病治療に非常に力を入れており、Drのみならず、治療の中心を担う歯科衛生士も、セミナーや勉強会に積極的に参加、自己研鑽を常にしております。

歯周病でお困りの方、歯周病ではないか心配な方には、唾液を使って5分で結果測定のできる生化学検査機器も導入しております(検査については予防歯科の項目をご覧ください) 。

予防歯科

当院で最も力を入れているのが予防歯科です。

今までみなさんの笑顔を守るために様々な機材や治療法などをご提供してきました。

その結果、さらに専門性を高めた形に医院を変化させることで、より皆さんの健康維持、スマイルの維持のお手伝いができると考え、専門性の異なる二つの医院を立ち上げました。

そのうち本院である松本歯科医院は、「マイハイジニスト」をキーワードに、各種の予防歯科プログラムをご用意いたしました。

 

どんな病気でも、最良の治療は「予防」です。

健康な赤ちゃんを産むこと、歳を重ねても美味しく元気に物が食べられること。

それには、病気になっていない健康な状態のままで「予防」をしていくことがいちばんの近道です。

病気には原因があります。原因をなくして、生活習慣やからだの弱点を改善する「予防」こそが本当の治療なのです。

「予防=健康を守る・笑顔を守る」

当院の予防歯科は健康を守る業務を専門にしている「歯科衛生士(デンタルハイジニスト)」がその中心です。

予防歯科では、現状の把握だけでなく、今潜む問題点を洗い出すことで、将来の病気のリスクをあぶり出します。

現状の状態から将来の予後予測を立て、それに基づいてリスクの除去、また、将来のリスクになりうる「リスクの芽」すら、生化学的検査を用いて発見、除去します。

 

当院では治療終了後の予防メンテナンスプログラムに「マイハイジニスト」制を採用しています。

マイハイジニストがその方の生活習慣やお口の弱点を従来の検査に加えて各種生化学的検査で細菌の種類までしっかり把握し、その時々にあった清掃用具を処方、しっかりとバイオフィルム(排水口のヌメヌメと同じ細菌の集合体。プラーク、歯垢ともいいます)を除去します。

しっかりと治療を受けた後は、その状態を維持するための予防メンテナンス受けてみませんか?

まずはマイハイジニストを作りましょう。

 

予防歯科メニュー

SMT

当院の多項目・短時間唾液検査システム(Salivary Multi Test 以下SMT)では、
・見た目だけではわからない
・歯の健康度
・ 歯ぐきの健康度
・お口の健康度
をすぐに調べることができます。

検査はお口全体をお水で10秒間軽くゆすぐだけ。

お子様でも可能です。

結果は印刷してお渡しします。

歯とお口の健康を守っていく、また、治療した後の状態を維持するためには患者さん自身セルフケアが重要になってきます。

今までは用意していた歯ブラシを、患者さんのお口の状態を歯科衛生士が経験則で見極めながらオススメし指導をしていました。

当院では、短時間で行える唾液検査を活用することで、一人一人のお口のコンディションに合わせて歯ブラシや補助清掃用具、各種歯磨剤などを「処方」します。

また、SMTの結果をベースに普段の食事習慣のアドバイスも行なっています。

 

測定できる項目

・歯の健康度
【虫歯菌】むし歯菌が多いと、歯の表面にバイオフィルムが付着しやすく、 歯の健康を損なうことが知られています。
【酸性度】唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
【緩衝能】唾液には、虫歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。

・歯ぐきの健康度

【タンパク質】口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルムの影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。
【白血球】歯や歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。

・お口の清潔度
【アンモニア】口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなること が知られており、口臭等の原因になると言われています。

 

料金・・・1500円(税別)

 

カリオグラム
クリーニング
予防メンテナンスプログラム

歯周病唾液検査

当院では検査機関であるBMLに委託して唾液から歯周病の原因菌のDNA検査を行っております。

歯周病原細菌であるred complexの3菌種のうち、Porphyromonas gingivalis は、菌体表層に線毛があるのですが、その線毛遺伝子型は6種類存在します。

もともとP.g菌は、健康歯周組織を持つ成人男性で36%から検出される口腔内常在菌ですが、その多くは病原性の低い1及び5型の線毛遺伝子型です。

しかし歯周病患者さんの場合検出率は91%に及び、またその遺伝子型は2型に偏っているという特徴があります。

2型線毛を持つP.g菌を多く保有している患者さんの場合、歯周ポケットが深く、また、糖尿病患者さんや心疾患患者さんからも検出される特徴があります。

これらの特徴から2型線毛のP.g菌が多くいる患者さんの場合、歯周病が重篤化しやすい、沈静化しにくい、現在歯周病が落ち着いていても再燃しやすいということがあげられます。

したがって、唾液からP.g菌の遺伝子型を特定することで、罹患している歯周病が深刻なものなのか、再燃しやすいのかといったことを判断することができます。

 

検査については自費となります。

詳しくは受付にてお問い合わせください。

審美歯科

保険治療で使用できない生体に優しく、かつ見た目も美しい材料を用いて治療を行います。

現行の保険制度では、病気の治療に主眼を置かれており、機能回復に関してはそれのみを優先する形となっています。

そのため、金属製の詰め物やかぶせものが用いられ、お口を開けることを躊躇される一因ともなっています。

 

当院では主にセラミックを使用した治療を行っております。

近年、つながったかぶせものでも金属を一切使わずに製作可能な材料もあり、治療の幅も広がっています。

こういった材料での治療、とくに見える部分の治療においては、歯型をとって製作するホワイトワックスモデルと呼ばれるシミュレーション模型や実際のサンプルなどを確認していただき、できるだけ装着後のイメージをわかりやすいようにご相談しております。

マタニティ歯科

「マタニティ歯科」と言う言葉をごぞんじですか?

 

マタニティ歯科は妊婦さんを対象とした歯科外来です。

 

妊娠すると、心と体は妊娠前と違う状況に変化をします。

お口の中も同じように変化をします。

 

妊娠をすると、みなさん良いお産をして元気な赤ちゃんを産むために、運動をしたり食生活を改善したり生活習慣を見直したり、良い産婦人科さんと出会う努力をされると思います。

私たちは、そこに、よい歯医者さんと出会うことも付け加えていただけたらと思います。

それはなぜでしょう。

 

実は、妊娠中のお口の中の状況が、妊娠中の体や赤ちゃんに影響を与えることがわかっているのです。

また、お母さんが虫歯になりやすい状態のお口の中になっていると、やがて虫歯の原因菌がお子さんへと感染してしまいます。

 

お子さんのむし歯予防は、という質問をすると 「フッ素」「仕上げの歯みがき」という声が多く帰ってきます。

ですが、実は一番大きいのは「食生活」です。

 

むし歯予防に、食生活を気をつければいいことは、誰でも知っていることです

しかし、その優先順位が、1番になっていないのが現状です。

その効果の大きさに、むし歯になってから気付く方がとても多いのです。

「むし歯になったから見て下さい」

「歯が生えてきて、むし歯が心配だから見て下さい」

と言って来られる方が多くいらっしゃいますが、実際にはむし歯ができたお子さんは、今までの食生活のためにすでに甘いものが好きになっています。

そこから「甘いものを控えて下さい」「食生活を気をつけて下さい」と言われても、お子さんにとってもお母さんにとっても大変な思いをすることになります。

 

マタニティの時期からむし歯予防への知識を深めることで、 むし歯予防の重要さを知ることができます。

マタニティの時期に、自分自身のお口の環境を整えるだけでなく、食生活自体を改善することで、お子さんの食生活も虫歯ができにくいものにすることができます。

初めから最優先にむし歯予防していけることで、大変な思いをすることなく、確実にむし歯ゼロを目指すことができます。

3歳までに身に付いたよい習慣、むし歯のない歯は、一生の財産です。

この重要な時期に、私たちがかかわることにより、お子様が、一生の財産を手に入れることが 出来るようお手伝いしていきます。

 

マタニティ歯科外来では、その活動の一環として産前産後に1回ずつ歯科健診、ブラッシング指導、クリーニングを無料で行っています。

詳しくは「こっころお口のサポート」のページをご参照ください。

 

小児歯科

お子様に対する歯科治療ですが、対象は高校卒業までのお子様の治療が該当いたします。

当院では、虫歯の治療はもちろんですが、フッ素による予 防歯科に力を入れています。

歯科治療が終わったお子様には、フッ素を塗布し、3ヶ月から半年に一度のリコール時に定期的にフッ素塗布を行っております。

 

保護者の方には、仕上げ磨きやハミガキチェックの具体的な方法を指導するとともに、乳歯や萌出したての永久歯に対するいろいろな情報をパンフレットとともに提供しております。

また、矯正治療が必要なお子様には、その旨適宜保護者の方にお伝えしております。

詳しくはご相談ください。

 

子供の歯について

子供の歯はとっても大切。すぐに生え替わるからといってほっといてはおおごとに!お母さん要チェックの知識です。

 

子供の歯の虫歯は、いずれ生え替わるんだからほっといても大丈夫と思われがちですが、実は乳歯は生え揃うと前歯が6本奥歯が4本、上下合わせて20本になります。

乳歯は歯と歯のすき間を確保して、永久歯が正しい位置に生えるように導きます。

 

将来、おとなの歯を正しい噛み合わせのきれいな歯ならびに育てるには、ムシ歯や歯周病からいかにして乳歯を守るかにかかっています。

 

・乳歯はムシ歯になりやすい

乳歯は永久歯に比べ、大きさも厚さも半分です。

硬いエナメル質も象牙質も永久歯の厚さの半分ですから石灰化も弱く、ムシ歯菌に侵されやすいのです。

 

子ども の食べ物は甘くしかも粘着性のものが多く、どうしても食べカスがたまります。

食べカスで酸の発酵はますます盛んになり、ムシ歯が進みます。

子どもは一人で上手に歯ブラシを使いこなすことができません。

歯の清掃が不十分で歯垢がたまり、ムシ歯菌の温床となります。

 

・乳歯のムシ歯は早期発見・早期治療がポイントです

乳歯はムシ歯になると進行が早く、痛みもないまま半年ぐらいで神経の近くまで侵されてしまいます。

歯の表面が白っぽくなっていたり、黒い小さなシミのよ うなものが付いていたり、歯の溝が黄色くなっていたらムシ歯です。

ムシ歯はかかり初めの症状のときに発見すると、治療も比較的簡単にすみます。

 

毎日の仕上げみがきの時間は、ムシ歯発見のよいチャンス!有効に活用して下さい。

ムシ歯や歯肉炎から乳歯を守るために、歯が生えたらブラッシングをしましょう。

小さな子はどうしてもみがき方が下手です。

お母さんが必ず仕上げみがきをしてあげましょう。

 

・生えかわりの時期

6歳前後に第一大臼歯が生え始めてから乳歯は順番に永久歯に生えかわり、15歳ごろでほぼ永久歯列が完成します。

始まりも完成も個人差があります。

焦らずにムシ歯や歯周病を予防する努力を重ねながら、歯の成長を見つめて下さい。

 

しかし、残念ですがこんなときは乳歯を抜くこともあります。

 

  • ムシ歯が進行していて骨まで侵されそうなとき。
    ムシ歯が進行して、かなり大きな穴があき歯髄まで侵されていることがあります。
    歯髄は神経や血管が通っている大切な組織です。
    この組織が侵され、その先端 まで細菌が入り込むと、アゴの骨まで溶かしてしまうことがあります。
    このような状態になると、次に生えてくる永久歯や体全体の健康にまで悪い影響を与えま す。
    ここまで進行したムシ歯は救うことが難しく抜くことになります。
  • 乳歯が抜けないうちから永久歯が生えてきたとき。
    永久歯を正しく導くため乳歯が抜けないうちから永久歯が生えてくることがあります。
    こんな時は要注意。歯が生えてきたと喜んでいる場合ではありません。
    放っておくと、生えかわりが済んで歯列が完成したときに、ガタガタの歯ならびになってしまいます。
    乳歯から永久歯への生えかわりは自然に行われるのがふつ うですが、なかなか抜けないこともあるのです。
    そんな時は健全な永久歯の発育と成長のために、乳歯を抜いて永久歯が正しい位置に生えることができるように します。
  • ケガで歯に損傷ができたとき。
    ケガで歯に損傷ができたときは歯を抜くこともあります。
    子どもが激しく歯をぶつけるようなことがあったら、すぐ歯科医院に連れて行きましょう。
    歯が動いたり欠けたままにしておくと、歯の変色や神経が死ぬ原因になります。
    また、歯が縦割れになった場合も歯を抜かなければならないことがあります。

 

・年齢に適した歯みがきのポイント
  • 乳児期・・・・・・
    赤ちゃんの舌に白っぽいカスがたまります。
    湿らせたガーゼでそのカスをとってあげましょう。
  • 前歯が生えたら
    生後半年ごろから可愛い前歯が生えてきます。
    大切な乳歯です。
    ガーゼで歯の汚れをとって下さい。
  • 生後1年
    歯ブラシを持たせて慣れさせましょう。
    自分でみがくようになりますが、お母さんのブラッシングが主です。
  • 3歳頃から
    自分でみがけるようになります。
    できるだけ本人にさせましょう。
    でもまだまだ下手ですから、必ず仕上げみがきでチェックして下さい。
  • 5歳頃から
    毎食後必ず歯みがきをさせましょう。
    「1日3回みがき」を習慣づけて下さい。
    みがき終わったら、お母さんがみがき残しがないかどうか見てあげましょう。
  • 6歳頃から
    6歳ごろに最初の永久歯「6歳臼歯」が生えてきます。
    この6歳臼歯はムシ歯になりやすいので、気をつけてみがくようにして下さい。
  • 保護者の方の仕上げみがきが大切です
    歯1本1本を、ブラシを歯面に平行にして横に小刻みに動かしてみがきます。
    歯と歯ぐきの境目・奥歯は、特に念入りにみがいてあげましょう。
    その時一緒にムシ歯のチェックもして下さい。

 

・乳歯の成長はおかあさんの体内から始まります

乳歯の芽生えはおかあさんの体内で始まります。

妊娠2~3カ月で、全ての乳歯の歯胚(歯芽)ができます。

妊娠月数が進んで胎児のころになると、この歯胚が 石灰化し、生まれて5〜10カ月で可愛い歯として生えてきます。

上下のアゴに全部で20本。生え揃うのはおおよそ2歳前後です。

 

・成長をうまくフォローする仕組み「生えかわり」

人間の体の中であったものが消えて、新たにかわりのものが発生するのは歯だけです。

これは体の発育に伴い、アゴの骨も成長し、歯列のアーチが大きくなって、それにふさわしい強くて大きな歯が必要になるからだと考えられています。

 

・「6歳臼歯」は最初に生える永久歯

臼歯は犬歯の後ろに生えている歯です。

食べ物を噛み砕いてすりつぶす働きをします。

このうち、後ろ側の大きいものが大臼歯で、上下のアゴに左右3本ずつ 生えています。

その中の第一大臼歯と呼ばれるものは、6歳前後に生えてくるので「6歳臼歯」と呼ばれています。

これは最初に生えてくる永久歯でもあります。

 

・強くて働き者の6歳臼歯

ものを噛み砕く力が一番強いのがこの歯です。

しかも、この歯の位置を基準にしてつぎつぎと永久歯が生えてくるので、永久歯の歯列(大人の歯のならび)を決定する役割も担っています。

6歳臼歯がムシ歯などで早々と失なわれると、歯列はガタガタになるといわれています。

重要なはたらきを持つ6歳臼歯。くれぐれも大切にして下さい。

 

・ムシ歯になりやすい6歳臼歯

6歳ごろはまだまだ歯みがきが下手。

ところがお菓子は大好きの時代です。

特に生えかわりや生え出したばかりの6歳臼歯は、歯肉にまだ覆われている境の部分や歯のミゾに歯垢がたまりムシ歯発生の原因になります。

歯の中でもこの歯は一番短命で、寿命が男性で50年、女性で47年ぐらいです。

永久歯列 が完成してからも、ムシ歯や歯周病にならないよう予防につとめて下さい。

インプラント

・インプラント治療とは?

インプラント治療は、チタン製の人工歯根を歯を失った歯槽骨部分に埋めることで、その上にかぶせるもの(以下補綴物)を天然歯と同じように製作できるようにする一種の人工臓器(人工関節などの)です。

現在実用化されている人工臓器のうち、最も成功率が高く完成度の高いものとなっています。

 

インプラントが臨床に登場したのは1910年代ですが、現在とほぼ同じものは1952年にスウェーデンで開発されました。

その後研究を重ね、1982年に予後15年たった症例がアメリカで発表され、そこから本格的な普及が始まりました。

現在も続々と新製品が開発されており、インプラント治療に始めて携わった13年前と比べても格段の進歩を遂げています。

このようなインプラントの改良により予後は日々向上しています。

 

当院で行っているインプラント症例で、脱落等による撤去(その後再埋入)は2本で、現在のところ99.9%の成功率です。

 

・インプラント治療の流れ

インプラント治療は、インプラントを埋め込むことが出来る骨の状態かどうか、また、きちんとかむ事が出来るようなかぶせ物を作ることが出来るかどうか、処置後感染を引き起こすような状況ではないか、など幾多の検査を重ねて総合的に治療に踏み切れるかどうか分析をします。

 

当院では、デジタルレントゲンの特性を生かして、埋入部位の骨の状態を歯科用CTによって断層撮影を行い詳細に検討いたします。

その際、どのようなかぶせ物が作れるのか、シュミレーション模型を製作して分析検討し、CT撮影用のステントと言われる道具を制作、CT撮影の際にも無駄な被曝をなくすために必要最小限の撮影を行います。

その後分析の結果問題ないことがわかれば、処置日程等を決めていきます。

 

検査の結果、骨の状態が悪い、骨の量が少ないなどがわかれば、松江市立病院へ紹介し、腸骨移植や仮骨延長術、サイナスリフトなど骨の状態を調整するオプションの治療を受けていただき、その後当院にてインプラント埋入となります(市立病院での処置も自費診療となります)。

 

インプラント埋入後は定期的に経過観察を行って周囲の状態をよい状態に保ちます。

その後、かぶせ物を作るための準備の処置(2次オぺ)を行い、歯型取り、仮合わせ、完成となります。

通常のかぶせ物を作る治療のほか、インプラント上部にマグネットを入れ、入れ歯の維持安定を図る「マグネットアタッチメントインプラント義歯」などもあり、すべてはご提案をさせていただいて十分なご検討のあと決めていただきます。

 

・期間および費用
項目 費用
インプラント相談料 1,000円
CT検査料(CT撮影用ステント費用含む) 40,000円
インプラント費用(1次、2次手術費用と補綴物費用含む)
※CT検査料は手術毎に必要となります。
300,000円
インプラントメンテナンス費用 3,000円
インプラント補綴物費用 メタルボンド冠80,000円
オールセラミック100,000円
ジルコニアクラウン110,000円

 

(歯形をとった後、仮合わせ、仮装着がそれぞれ1週間、その後セットとなります)

※期間は標準的な期間です。オプションの手術を行った場合には異なります。

※全ての費用には別途消費税がかかります。

PAGE TOP